HOME > わたしたちの家づくり

わたしたちの家づくり

わたしたちの考え方

私たちは、住む人の「これまでの生活」と「これからの生活」をゆったりと包み込む住まい、
住むほどに馴染み、愛着が生まれる住まいを、お施主さんと一緒につくりたいと思っています。
そのために必要なこと・心がけていることを記しますので、ご参考下さい。
 
  いい家をつくるヒントは、住む人の生活の中にあります。
   
 
家づくりの主役は、そこに住まうお客様です。
人それぞれの暮らし方
十人十色の暮らしがあるのであれば、
十人十色の「住まいのかたち」があるはずです。

どのようなかたちが住む人にとって最善なのか、
暮らしのことやこれまでのこと、そして、
将来への希望についてじっくりと対話を重ね、
信頼関係を築き、一緒につくりあげていきます。
  わたしたちの考え方
   
家づくりを愉しんで、もりあげて。  
   
家づくりの体験は、一生のうちで多くても2〜3回です。
自分の大切な家族が幸せになるための住まいづくり。
その実現には、かなりのエネルギーが必要です。
これは、ハウスメーカーや工務店でもそうですが、
設計事務所へ依頼をするなら尚更かもしれません。
 
   
  私たちと、住む人(お施主さん)と、“一緒に”つくり上げていくのですから、
お施主さんには、住まいへの思いを全部ぶつけて欲しいと思います。
ちょっとでも遠慮がないように、後悔がないように・・・。もちろん、
お施主さんのエネルギーには、私達もそれ以上のパワーで返していきます。
   
 
家づくりのパートナーとして、相性も大切です。   わたしたちの考え方
   
家づくりの過程で、私たち設計者はお施主さんへ色々な質問をします。
一日のスケジュールや、ライフスタイルのこと、趣味のこと、
子育てのこと、家事のこと、介護のこと、などなど。
プライベートなことをお伺いしますので、設計者との相性も重要。

「なんか合わない」「要望を伝えづらい」などの不安があってはいけません。
私たちの設計事務所では、最初のご相談については無料でお伺いしています。
是非、最初の段階で私達との相性も見ていただきたいと思います。
 
   
  家づくりの準備として。「どんな暮らしがしたいですか?」
   
  「どんな部屋が必要ですか?」ではなく「どんな暮らしがしたいですか?」
住宅の平面図には、室名が記入されますが、私たちにとってそれは便宜上のこと。
ヒアリングの段階でお聞きしたいことは、その部屋でどんな暮らしをしたいのか。
ということです。

例えば、
「リビング」だけでなく「あまり気取らずにゴロゴロしながら昼寝が出来るリビング」
 
「子ども室」だけでなく「秘密基地のようなワクワクする子ども室」
「クローゼット」だけでなく「衣替えをしなくてもいいクローゼット」
  わたしたちの考え方
   
室名だけでない「後半の文章」が、それぞれの住まいの形となって、
唯一無二の住まいのかたちのなるのです。
また、設計者のモチベーションを挙げるにも有効です。
こちらも楽しくなってきます。無理難題であっても、
最初から諦めるようなことは言いません。あらゆることを検討します。
 
   
時には矛盾が出てくることもあるでしょう。しかし、この矛盾を整理し、
最善のものへ導くのが私たちの仕事だと思っています。
 
 
 

                                                 わたしたちが大切にしていることです。

仕事の流れの詳細はこちら

                                                ここれまでに作成した間取りの一部を
ご紹介します。

くらしのスケッチの詳細はこちら

                                                  暮らしのかたちは家族の数だけ。
家族の理想はどんな暮らしですか?

間取り例の詳細はこちら
 
 
このページの先頭へ