HOME > 設計事例 > 子どもの育ちを見守る家6  井田の家

設計事例

 
家のカタチは子育てのカタチ。のびやかにおおきくなぁれ。

 

 

「幼少期〜学童期〜思春期〜自立のとき」まで、成長段階によって、子どもは「親と自分との距離」を模索し、その時々で自分が居心地がいい場所を見つけ出していきます。家の中に、いくつかの親子の距離感を持った「場」を、個室を持つまでのプレ・子ども室として設えています。その時々で自分の好きな場所をみつけ、兄弟で、親子で、様々な体験を共有していけば、住まいはゆったりと子ども達の育ちを見守ってくれるはずです。

 

【データ】

家族構成:夫婦+子ども2人
述床面積:150.54m2
神奈川県川崎市


 

 023.JPG

 

キッチンからの眺めが、大切な記憶となりますように。

 

 

 

048.JPG

 

 

 

 

 

093.JPG

 

造り付けのベンチと大きなダイニングテーブルが家族の中心です。

 

 

 

 

044.JPG

 

 

 

 

027.JPG

 

子どものスペースは、大きな遊具のように。

 

 

033.JPG

 

家全体が大きなワンルームとなっています。

 

 

 

◆ファーストプレゼンテーションのスケッチです。 子ども達の生活動線と家事動線を整理してバックヤードに集め、LDKは両親や子ども達の友人が集まる場として提案しました。

井田の家   井田の家
 
 
井田の家   井田の家
 
 

 


 


 
 
このページの先頭へ