HOME > 設計事例 > 子どもの育ちを見守る家8 滝野川の家

設計事例

 
中庭と縁側のある住まい

 

密集地に建つ中庭のある住まいです。木造アパートの古家が建っていた時は、前面の路地が薄暗く、お施主さんは、明るく健康的な暮らしが実現できるか不安をお持ちでした。中庭と上方にむかって生活や窓の向きを設え、縁側空間を設けることで伸びやかな住空間ができました。暮らし観や子育て観のヒアリングにも重きを置き、細部まで暮らしかたのシミュレーションを重ねて実現した住まいです。

 

【データ】

家族構成:夫婦+子ども

述床面積:m2

東京都北区

 

 

 

hama2.jpg

中庭に面する縁側は子どもの遊び場であり、家事の場にもなります。

 

 

 

hama3.jpg

光庭とハイサイド窓からの採光であかるいLDK.

 

 

 

hama4.jpg

キッチンからつづく、ダイニングと子どもの場所と。

 

 

hama6.jpg

踊り場のベンチから続く絵本の部屋は、こもれる場所として。

 

 

 

hama7.jpg

 

 

hama8.JPG

 

 

 

hama1.jpg

たてかえ前の前面道路は2mほど。建てこんだ密集地に建つ住宅です。

 

 

 

 

 
 
 

 
 

 
 
 
-  
このページの先頭へ