HOME > 設計事例 > 子どもの育ちを見守る家10 福島-2

設計事例

 
子どももお手伝い、家族の時間を楽しむ家

 

小さなお子さんがいらっしゃるご家族の住まいです。

リビング、ダイニング、キtッチンはコンパクトに配置され、

また、畳の間取連続することで、1階の床面積16坪を感じさせない住宅です。

吹き抜けを持つ畳の間、太陽の間から太陽の陽が北側まで入り、明るい室内になっています。

夫婦共働きで、洗濯物をどのように手際よく処理するかがとても重要な課題の住宅。

そこで太陽の間が重要な存在となってきます。

太陽の間に干し、隣の家族のクローゼットにすぐ収納。

畳の間、太陽の間、家族のクローゼットのつながりで、子どもも楽しくお手伝いができます。

 

【データ】

家族構成:夫婦+子ども1人(将来にもう一人)

述床面積:90m2

福島県福島市

 

 

 

yasudaldknaname.jpg

 

 

yasudaldksyoumenn.jpg

 

リビング・ダイニング
リビングダイニングからキッチン、畳の間を見たところです。
LDKは15畳、畳の間は4.5畳、全体で20畳の広さを感じることができます。

 

 

 

 

 

yasudatataminoma.jpg

 

畳の間
畳の間は傾斜天井になっており、
2階の南窓から太陽の陽を奥まで取り込みます。

ここには子どものスケールに合わせた、自分で自分のことができるように
子ども専用収納が設けられています。
子どもの遊び場にもなるので、おもちゃ、お洋服、パジャマなどを、
しっかりと自分でしまいます。

畳の間は脱衣室・浴室とつながっており、
入浴後の身支度などはここで行われます。

また、ご両親が泊まりに来た時には、
畳の間・脱衣室の引き戸を閉めて、
LDK空間と分離して使うことができます。

 

yasudatataminomauekara.jpg

 

 

 

 

 

 

yasudataiyounoma.jpg

太陽の間
2階の一部の設けられた場所は、洗濯物の干し場です。
この場所は干場という機能と、
畳の間に光を取り入れるという二つの機能を持っています。

共働き、不定期な勤務のご夫婦のための家事を能率的に行うための場所です。
洗濯物はご主人の担当です。
仕事から帰ってきたら、洗濯をし、ここに干し、出勤します。

洗濯物は南の大きな窓から入る太陽で乾き、帰宅したらハンガーごと取り込み、
隣接する家族のクローゼットに収納します。

 

 

 

yasudalgenkan.jpg

玄関
玄関には土間収納と一般収納が設けられ、
たくさんの収納物を納めることができるようになっています。
お子さんの外遊びのもの、冬の雪対応の道具、コート掛けなどなど。

ひとつの風景になるようにニッチを設け、
家族の記念になるものを飾ります。

玄関扉を開けると正面はキッチンになっており、
「お帰り〜」とお母さんが笑顔で家族を迎えます。

 

 

 

設計事例に戻る


 
 
  トップページみもどる
-  
このページの先頭へ