HOME > コラム > 高齢者の住まい-1

高齢者の住まい-1

この住宅の特徴は、、
高齢者の居室と水周りとの関係です。
廊下などの他の空間を経由せず、
直接トイレ、脱衣へ行くことができます。

この住宅にお住まいの方は、
まだまだ元気な80代の方です。
基本的にはすべてを自分で行うことができます。

 
IMG_0805.jpg  
 
写真、左側の扉を開けると、
居室からトイレ、脱衣所、浴室とつながっています。
右側に見えるのは、造作のミニキッチンです。
冷蔵庫も組み込まれています。
簡単な料理ならば作ることができます。
生活空間として、ほぼ完結しています。


 

0004.jpg

 

 高齢期の住まいを考えるとき、
ともすると「高齢期」を過剰に「ケアが必要な人」と
一面的にとらえてしまいがちです。
当事者本人が「どう暮らしたいのか」という一番大切なことよりも、
「段差解消」や「手摺設置」という
ハード的手法が前面に出てしまっているのが現状です。
ハードの整備ももちろん重要ですが、
たとえば「いつまでも食事を作りたい」「掃除も自分で」という気持ちを
いかに汲みとれるか、が、生活の質の向上には欠かせません。
住まいのバリアフリーの目的である「事故やケガの予防」は、
家庭においてできるだけ長く今の生活を維持できるように、ということにあります。
ですから、今の暮らしとこれからの暮らしのイメージをしっかりと
ヒアリングする役割が大切だと考えています。
このページの先頭へ