HOME > コラム > 子どものお手伝い・キッチン編

 

 

 

 

 

子どものお手伝い・キッチン編

 

 

キッチンにも、子ども達がやってみたいお手伝いがたくさんありますね。お料理とか、食器洗いとか。

たとえば、晩ごはんの準備どき、こんな経験ありませんか?

 


「私もやりたい!」と言ってくれる子どものやる気、これは無下にしてはいけないと、
隣に立たせて一緒にご飯の準備をします。

 

 

危なくないよう安定感のある作業スペースを確保してあげて、

小さな子どものことなので、踏み台を持って来て・・・と始めることがおおいでしょう。

すると、踏み台が邪魔でキッチンカウンター下の開き戸や引き出しが開けられない…。

お手伝いをお願いすると、キッチンの私(大人)の仕事がストップしてしまって、あ〜、もぅ!

 

そんな時には、ダイニングテーブルをお手伝いの場として活用するのがおススメなのですが、

対面キッチンでダイニングがカウンターの向こう側だと、それも面倒です。

 

対面キッチンが主流になる前は、壁付けのキッチンから振り返るとダイニングテーブル、なんてレイアウトも
多かったのではないでしょうか。このスタイルだと、お手伝いもしやすいですよね。

9-みんなでケーキ+名入れ


ただ、やはり家族や子どもを見守りながらキッチンに立てるのは、捨てがたいものです。
そこで、私達がよく提案するのは、キッチンとダイニングの横並びの関係です。

 

気ttンから

 

横並びだと、移動もラクですし、同じ方向を向いて作業ができるので、

包丁や道具の使い方を覚えやすく、手を添えたりのサポートもしやすい。

視線はリビング(とテレビ)に届き、動きはダイニングにダイレクト。

結構、使い勝手がいいとおっしゃってくれています。

 

キッチン空間は、家族のかたちが現れやすい場所です。家族がどんなふうに「つくって食べる」のか、

ぜひご家族でも話してみてくださいね。

 

 追記

そうそう、先日、こんな記事がありました。

「食器洗いは空間認識力を育む「3Dパズル」…ライオンが出張授業」

料理も段取り力が鍛えられると言います。思わずニヤリとしてしまった親心でした(笑)。