HOME > コラム > 窓から見える景色

 

 

 

 

 

窓から見える景色

 

 

今回は、家の内と外の接点「窓」についてです。

あなたはいま、家のお気に入りの場所からどんな景色を見ていますか?

 

写真は、土曜日の夕景、那須から宇都宮への新幹線からの空です。

 

IMG_4984

 

わたしにとって、このような「遠くの山並みと夕焼け」は、子どもの頃の記憶として鮮明です。

(いまのインターパークのちかくで育ちました)

家の2階の窓から、晴れた日にはこんな景色が毎日見られました。

学校から帰り、家族も仕事から帰ってきて、バタバタと慌ただしい時間帯に、

「あぁ、今日も一日終わりだなぁ」なんてちょっと寂しさを感じつつも、

「今日の晩ごはんはなにかな?」と、お腹が減ってくるそんな記憶です(笑)。

 

住まいをつくるうえで、「どんな景色が見えるのか」はとても大切です。

その景色は住まいの個性でもあり、また、暮らしの豊かさにつながります。

 

豊かな自然環境のなかでは「ここがみたい!」と、ポジティブに窓の位置を決めることができますが、

一方で、密集地やおちつかない環境だと、「ここはみたくない!」ばかりで、

周囲に対してネガティブになってしまうことも。

 

また、なんにも考えずに家をつくってしまうと、せっかくの大きな窓なのに、

外からの視線が気になってレースのカーテンを引きっぱなし・・・という残念な状況もありますね。

(街歩きをしてみると、かなり多いですよ。レースのカーテン)

 

だから、私達設計者は、初めて敷地に立ったときには、

周辺環境がどんなものか、敷地のあちこちからはどんな景色が見えるのか、

あるいは、どんな風にみられるのか、を徹底的に観察します。

 

環境を切り取って、額縁のような窓にしたり、

内部から視線が外に飛び出していけるように、街のすき間を住む人のものにできるように、

高窓(天井近くの窓)や地窓(床レベルの窓)を駆使したりして、ポジティブな窓をつくりたいと思っています。

 

植栽は、そのうえでとても心強い味方です。

「手間いらず」がいいからと、植栽に消極的な方もいらっしゃるのですが、

ここぞというところの一本でもいい、30㎝ほどのすき間でもいい、

内から外への視線上に樹や植物を植えて欲しいなぁと思います。

 

IMG_3302

 

ほんの少しの緑でも効果は抜群。

 

 

また、植栽だけでなく、窓から家族が見えるというのも素敵です。

たとえばリビングやキッチンの窓から、子どもや家族が出かけていく様子が見えたり、

帰ってくる気配を感じ取れたり。

そんな、ささやかながら楽しい出会いのある窓だったらいいぁと思います。

 

 

今日は、窓のことを書きましたが、実は朝からこんな景色(笑)。

 

IMG_4279 IMG_4278

 

 

しばし、見つめ合って、それぞれの一日に戻ったのでした。