HOME > はじめての家づくり

はじめての家づくり

何から始めればいいの?
 
住まいづくりを考え始め、いざ、行動を始めようとすると、
「何をすれば・・・」と
頭を悩ましてしまうものですよね。
 
出発点はいろいろです。
自分が気になっているところから始めてみましょう。
 
1.家を建てるのにはいくらくらいかかるのか・・・  
1.家を建てるのにはいくらくらいかかるのか・・・
 
どのくらいの広さが必要ですか?
今のお住まいの広さと満足度、これからの家族のことを考えて、まずは住まいの広さをイメージしてみましょう。
 
それから、家の仕様を考えます。
「床はフローリングがいい」「壁は・・・」などの仕上材、それから、キッチン・浴室などの住宅設備機器などなど。
そこまでイメージできれば、おおまかな費用が見えてきます。
 
そこで、現実的な制約“予算”に合わせてみましょう。
予算内に納まっているのであれば、まずはOKです。
 
たくさんの想いが出てきて、夢が膨らみ“予算”を超えてしまうことも。
 
お金の心配を払拭する第一歩は、夢と現実の両方を見つめることです。
どちらか一方だけではいけません。
 
夢があるから、わくわくできるのです。
現実があるから、選択の楽しみがあるのです。
 
その両方を、一緒に見つめていきましょう。
 
img03.jpg  
2.ローンはどうすればいいの・・・
 
ローンの種類はいろいろ。
期間・毎月返済額など借り方もいろいろ。
借りられる額ではなく、無理なく返せる額を見つけましょう。
金融機関に行く前に、まずは自分でシュミレーションしてみましょう。
 
自分の年齢、年収からいくら借りられるかが分かります。
まずは、自分がいくら借りられるかを把握しましょう。
次に、毎月の返済額です。
現在住まいにかかっている費用をもとに考えてみましょう。
 
人生の中で大きなお金が動くのは、住宅購入だけではありません。
お子さんの教育、自分達の老後などを考えて、人生全体の中で住宅のことを考えるようにすると、住宅が「重宅」にならずに、豊かな生活・人生を送れると考えています。
是非、ライフ・プランニングをしてみてください。
 
全体の予算との関係の中で、具体的に話をお伺いします。
住宅ローンに関してもアドバイスします。
ライフプランと併せて考えると、更にわくわくしてきますよ。
 
是非、お気軽にお問い合わせを。
 
土地をどうやって探せばいいのか・・・  
3.土地をどうやって探せばいいのか・・・
 
まずは、住みたい地域(子どもの学校のこと、通勤時間、生活環境、その他)の用途地域などを調べます。
行政に聞けば教えてもらえます。
建ぺい率・容積率を考慮しながら、希望する広さをが建つかどうかを確認します。
 
次に周りの状況(方位、道路の位置、隣家の状況、隣地・道路高低差など)を意識しながらその土地を見ていきます。
 
このときに設計者と一緒に見ていくと、見えない部分のアドバイスをもらうことができ、住まいとセットで土地を考えることができます。
土地選びは、数字の大きい・小さいだけでは決まりません。
 
土地探しからサポートします。
一緒に探すことがよい住まいづくりの第一歩。
お気軽にご相談ください。
 
狭小敷地も得意です。
その可能性と読み方をお教えします。
 
4.“家”について知りたいことがたくさんあって・・・  
4.“家”について知りたいことがたくさんあって・・・
 
構造のことや室内環境のことなど、ハードの部分も気になるものです。
 
住宅性能表示制度には10の性能項目が挙げられています。
1.地震などに対する強さ
2.火災に対する安全性
3.柱や土台などの耐久性
4.配管の清掃や補修のしやすさ、更新対策
5.省エネルギー対策
img09.jpg
 
最近よく取り上げられる断熱の話。
充填断熱(内断熱)と外断熱、どちらも一長一短あります。
断熱は湿気との関係も考えていかなければいけません。
断熱材だけの話しではありません。
家全体の熱をトータルで考えていきます。
 
これらに関しても、しっかりとした知識を持って、設計をしています。
 
すっきり生活をしたいけど、モノがたくさんあって…。  
5.すっきり生活をしたいけど、モノがたくさんあって…。
 
ご要望をお伺いして、ほとんどのお客様から出るのが収納の話。
今の暮らしで、収納が足りないと思っている方が多いようです。
 
そして、新しい家では、片づけ上手になってスッキリ暮らそう!
そんな気持ちになりますよね。
 
収納が多ければいいというものでもなく、まずは、今の暮らしとモノの量を見直すことが必要です。
「これだけモノがあるから、このくらいの収納が欲しい」
ではなく、
「私達の暮らし方はこうだから、このくらいのモノと収納が必要なのだ」
と思えることが大切です。
 
とはいうものの、きっぱりと「私たちの暮らし方はこう!」
と言い切れるのは難しい。
でも、これが自覚できれば、モノの要不要もおのずとわかります。
 
住み替えは、暮らしとモノを見つめなおすチャンス。
ハード(間取り)に入る前に、ソフトを見直してみましょう。
 
暮らしと住まいの育ち研究室
 
6.新しい住まいの夢が広がるけれど、何をどう伝えればいいのか・・・  
6.新しい住まいの夢が広がるけれど、何をどう伝えればいいのか・・・
 
いい家をつくるヒントは、住む人の頭の中にある、とわたしたちは考えています。
一日のスケジュールや、ライフスタイルのこと、趣味のこと、子育てのこと、家事のこと、介護のこと、など。
新しい住まいで何をしたいか、これまでの暮らしで何が大事だったかを考え、具体的に膨らませていきましょう。
 
暮らしのスケッチ
 
また、住まいに関するあるリサーチ結果によると、家づくりをした人の2割が「要望が伝わらない」ことを不満に思っていて、3割が「プラン・間取りに満足していない」そうです。
(gooリサーチ「家づくりの不安に関するアンケート」結果より)
 
さらに、これから家づくりをする人の3.5割が「要望を理解してもらえるか」を不安に思っています。
 
これは、非常に残念なこと。
そもそも、要望がきちんと伝わらなくては、理想の間取りには近づけません。
 
設計者は挙げられた要望を見て、その家族が「どのような暮らしをしたいのか」を想像します。
打ち合わせではヒヤリングをして、その暮らしイメージを明確にし、施主との共通理解を図っていきます。
その元となるのが最初に伝える要望、最初に渡す要望書です。
 
私たちはこのプロセスを大切にし、要望を引き出すところから、お手伝いしています。
 
7.村上建築設計室にお願いするとどうなるの・・・  
7.村上建築設計室にお願いするとどうなるの・・・
 
私達に設計を頼むということは、私達と一緒に住まいづくりをするということです。
そして、住まいづくりを愉しむということです。
 
私達はいつでもあなたの隣にいます。
たくさんの想いを話してください。
たくさんのイメージを聴かせてください。
 
それが、住まいづくりの“はじめの一歩”です。
あなたの声、ふたりで待っています。
 
 
 
 
このページの先頭へ

 

utsunomiyaroom.jpg

kodomokajijukutochigi.jpg