HOME > 設計料について

設計料について

最初の相談では、諸費用はいただいておりません。設計報酬については、相談時にしっかりご説明いたします。
 
 

設計報酬について

○新築木造住宅の設計・監理料は、施工費用の10%が目安です。

この中には、構造設計()の設計料が含まれます。

○最低金額は180万円を考えています。

 

敷地の大きさ(狭小など)や形状(整形・不整形、段差など)により異なります。

予算をもとに、建物を作るうえで必要となる経費、私たちの提案する建物の質による建物の価格などを勘案して決定致します。

個別に算定するものになりますので、詳細に関してはお気軽にお問い合わせください。

 

※構造設計費用について

 建築設計には、それぞれ専門性があります。意匠設計、構造設計、設備設計です。

住宅の場合ですと、暮らし方をプログラムを図面化し、また、心地よく性能の良い形や素材を選び

空間の質を作り上げていくのが意匠設計で、私たちの事務所がそうです。

 

構造設計事務所は、建物の構造を専門に検討し、構造計算という手法をもって

無理なく安全で、さらに空間的にも経済的にも合理的な構造のかたちを設計するプロです。

建築基準法では、規模の小さい木造2階建て住宅では、構造計算までの検討は義務づけられておらず、

意匠設計者がもっと簡易的な方法で構造検討を行っている場合がほとんどです。

 

ですが、私たちは、建物の規模によらず構造のプロによるチェックが必要不可欠であると考えています。

そのため、どの案件においても構造計算のプロセスを経ておりますため、

上記の設計料に構造設計料も含ませていただいています。

 

木造3階建て、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、混構造の場合は別途費用(構造計算費用)が必要となります。

  上記、構造設計料のほかに、構造計算書、確認申請のための構造図が必要となるためです。

 

 

 

 

場所によっては交通費を別途、頂戴することがあります。


確認申請等の各種申請手数料(審査機関に支払う費用)は別途必要です。

外構設計は規模により別途費用が発生する場合があります。

 

 
 
支払い時期支払い金額
企画調査開始時 5万円(着手金)
設計契約時 総額の15%-5万円(着手金は設計報酬に充当されます)
基本設計完了時 総額の20%
実施設計中間時 総額の15%
実施設計終了時 総額の20%
工事契約完了 総額の15%
上棟時 総額の5%
竣工引渡時 総額の10%
 
 

リフォームの設計報酬について

リフォームの設計・監理料 工事費の15%が目安です。
 
現場状況等により、別途事前調査費用(精密な耐震診断費用など)が必要な場合があります。
確認申請等の各種申請手数料は別途必要です。
 
 
支払い時期支払い金額
現場調査開始時 5万円(着手金)
基本計画開始時 総額の20%-5万円(着手金は設計報酬に充当されます)
基本設計完了時 総額の20%
工事契約時 総額の20%
工事50%完了時 総額の20%
竣工引渡時 総額の20%
 
 

住宅相談(土地相談その他)について

住宅相談・アドバイスについて〜設計契約前の仕事
 
○住まいの悩み相談:無料
あなたの悩みを整理して、問題点を明らかにします。
住まいづくりの方向が見えてきます。
すっきりして先に進んでいきましょう。
 
○住まいづくりアドバイス:1万円
・敷地に関して(ボリュームプラン提案は+2万円)
・住宅ローンに関して
・家事、お片づけなど家の事に関して
いろいろな悩みにアドバイスします。
 
○住まいの設計提案:5万円
住まいのイメージを細かくお聴きして、図面・スケッチを作成します。
あなたの住まいのイメージを形にしてお見せします。
 
 
このページの先頭へ
 
 

 

utsunomiyaroom.jpg

kodomokajijukutochigi.jpg