事例

図書館の家

傾斜のある住宅街にある敷地は、
その高低差が生活空間としての落ち着きや安心感をつくりだしています。
また、南面に道路が面しており、
採光と日照が存分に得られることもこの敷地の強みです。
さらに既存の庭と樹木がプライバシーを守り、
夏冬の日照のコントロールをしてくれています。
現状の良いところを守り
快適性を向上させる住まいです。
この敷地のレベル差を利用して、
いくつかの床レベルを設けています。
キッチン・リビングレベル、図書館レベル、子ども基地レベル、
主寝室のある中2階レベル、子ども部屋のある2階レベルです。

畳の場所と隣接してちょっとしたくぼみが設けられています。
子どものための場所です。勉強のコーナーで勉強をしたり、
時には集中するためや、一人になりたいときの居場所になります。

また、この住宅にはいろいろな階段を設けています。
階段は、子どもの遊び場にもなります。
机・椅子になり勉強の場になる面白空間。

また自分のためのお片付けの場所も設けています。
自分の物の居場所を決めれば、小さな子どもだって
片付けられるもの。

家で学び・遊び。くつろぎ、家を楽しむ。そんな住宅です。