事例

延びゆく空間

西に母屋、南に古屋とりんご畑
東と北に広大なりんご畑が広がっている敷地の住宅です。

この住宅の階構成を次のように考えました。
南に古屋があるため外に対して開くことができず、
東と北の広大な畑は生活上の関係を持つというよりも、
風景としての関係を大きく持つものとして捉えました。
その結果として、1階は寝室などプライベートな場所を、
2階にリビング、ダイニング、キッチンなどの家族みんなの場所という
階構成としました。

2階は東西一直線にキッチン・ダイニング・リビングと連なり、
子どもの居場所、ママの居場所、ご主人の居場所など、
家族それぞれの居場所をその周りに配されています。

どこまでも続く畑と内部が一体に感じられるよう、
空間の広がりを感じられるよう、
東は壁全面を窓としています。
またその効果を高めるため、その他の壁は窓を最小限にし、
南の光のために高窓を設けています。